So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク
前の3件 | -

時代や性別をも超越した、美を追求し表現しているブランド。個々のアイテムを全てハンドメイドにより、日本に恋して製作する、フランス人とは!? [ショルダーバッグ]

「 融合 ( ゆうごう )」


って、、、、、、、、



「 一つにとけあうこと 」 でっす !!






















彼は、


フランス北部にある、


ブルターニュ地方(国土のいちばん西側)の、


けっこー荒てる、
 

沿岸にある島で 生まれ育ちました。










島の野生の美しさがある中で、


彼の祖母の手で作られた、


手縫いの洋服達のが 上質で品があり、


そして彼をとりまいていました。




















そーして成長していく中で、


他のクオリティーが高い、


職人達が作った創作物の、


純真さに、


強く影響を受けていきます。












学生時代をパリで過ごし、


その後、


伝説的なコルセットメーカーの、


パール氏、


ティエリー ミュグレー、


ジョン ガリアーノ、


という、


そうそうたる 実績を持つ、


デザイナーをはじめとして、


他にも、


いろいろな熟練者たちらから、


技術を習得していきます。
























更に ! 芸術を磨く為に、


1988年から、


クリスチャン・ディオールの、


クチュール部門

(依頼を受けてオーダーメイドによる一点物を作るところ)


に、


参加します。










そんな中、


何と! 「 日本の伝統工芸エキシビジョン 」 が、


パリで行われて、


それを訪れた際に、


「 日本に恋をした 」 と言います。











「 PATRICK STEPHAN : パトリック ステファン 」


です。





















そして彼は、


渡日を決意します。









彼の想像する夢のブランドとは、




【 芸術的な美の可能性を、


  東洋と西洋の融合・


  フェミニンとマスキュリンの融合によって


              追求する 】




これを つくり出す為に、


2000年から、 


日本に身を置いて生活し始めたのです。





















東洋と西洋の融合と、


フェミニンとマスキュリンの融合によって、


芸術的な美の可能性を と・・・






壮大すぎ?


「人脈が大切」という話はよく聞きますが、


彼が 身を寄せていた、


人たちは、


世界のトップクラスです!





















時代や性別をも超越した、


美を追求して表現しているアイテムは、


個々の 一つ一つを 全てハンドメイドで、


製作する事によって、


いろいろな形を組み合わせた形態も、


細部まで、


現実的かつミニマムに仕上げています。










「没頭した」と言うのが正しいのでしょーか?









明らかに言えることは、


作り出しているアイテムは、


カッコイイ―し、


これを作り出す彼は、


カッコイイ―っす!






















これをつかんだ 行動力は、


見習わないと!!! ですね !!!



















読んで頂いて、


ありがとうございました。





また、


お時間ある時に、


お越し頂けると、


幸いです。

















「愛着が わきやすい 不思議なバッグ」大きさも特殊!!でも、ルックスは、強力にシンプルな、ブランドの ど!定番!!! [小さな大モノ ハンドバッグ]












あくまでも、


「 ハンドバッグ です ! 」


という、


19年前に誕生した、


この形は、


大きさが、


一般的なブリーフケースより大きく、


一般的なボストンバッグよりも、


スマートです。






















いつものコーデを、


上品に格上げしてくれる、


と言い、


長く愛用している男性も多い


優秀なバッグ。










ジャケットスタイルにも、


デイリーワークにも、


幅広いシチュエーションで使える、


シンプルなミドルサイズ。










そのブランドは、


1985年に発表した、


ハットコレクションが、


ファッション界に衝撃を与えます。






















1998年に、


バッグコレクションで、


ブランドを表すほどの、


定番フォルムとなる 「 リスボン 」を発表します。





















「 両性的 」 って・・・・・・・・




・・・・・・・・ ハーフ って事っすかぁぁぁ???






 両性的な、


「 フェミニン / マスキュリン 」を永遠のテーマとして、


デザインの 「特徴的ではない事」が 最も特徴的な、


あえての ポイントは、


クラシカルなフォルムに、


「 奇抜 」な素材感と、


カラーコンビネーションです。









ハット コレクション と同様に、


バックにも 設立者 である 彼の、


両性的なフォルムが表現されています。










「 Jacques le Corre : ジャック・ル・コー 」です。







「 リスボン 」というコレクションの名前は、


デザイナーである ジャック・ル・コー が、


バッグのデザインを模索していた時に、


一緒に食事をしていた 友人が、


住んでいた場所にちなんで、


名づけられた と言います。






















「 リスボン 」は、


何シーズンにもわたって、


 フォルム を 変えずに登場 しており、


「色」と「素材」の探求に関わる全ての仕事と、


「色」と「素材」をミックスすることにより生まれる、


様々な手法は、


フランスの熟練した職人たちの、


手作業のみで表現される、


クオリティーへの ゆるぎないこだわり なのです。










コレクションのすべてにおいて、


底のフロアーがしっかりしていて、


荷物が遊ばないうえ、 


アンダーにピンが五つ打たれ、


底レザーが痛みにくく、


長く愛用してほしい造り手の気持ちです。










ファッション界で働く、


ジャーナリストやエディターにもファンが多くて、


ユニセックスデザインであり、


「辛口の女性が好むテイスト」と、


いいつつ、


最近では男女を問わずに、


 ノートPC を 主に持って歩く、


ユーザーが主流です。
























2010年に、


惜しくも、 


デザイナーのジャック・ル・コーが他界しており、


以後は、


ブランド設立からの ビジネスパートナーである、


「 大前ますみ 」が、


 ブランドの、


不変の価値観を伝える後継者として、


 JACQUES LE CORRE : ジャック ル コー ブランドの、


クリエイションを担当しています。











独創性があり、


クラシックながらも、


「現代的なバッグを作りたい」という、


想いから生み出されたリスボン。










しかし、


使われる色や素材は、


テクニックやアーティストリーの両面において、


毎シーズン革新的な選択がなされており、


トレンドに流されない、


極めて シンプル な フォルム であり、


独特なのは 色や素材使いで、


なおかつ 実用的 ! と言うのが、


年代や性別を問わず チョイスされており、


誰が身に着けても、


それぞれの雰囲気になじんでしまう、


愛着が沸きやすい 不思議なバッグ なのです。





















デザイン 使い心地 ともに変わらずに、


安心感はそのままで、


新しいものを求める好奇心を満たして、


不変さで心を捉え続ける、


 ジャック・ル・コー 定番モデルの、


リスボン。












カーフレザーをエナメルコーティングしたモデルは、


上品で美しい艶感のある光沢が、


 ぱっと見 は 目立つものの 実はクラシックな雰囲気で、


上質さが際立ちます。






















生後6か月以内の、


カーフ : 子牛 の 革であり、


牛革の中でも最も上質とされ、


繊細で薄く柔らかな素材です。










日々のアクセントとしても、


また 常に使って トレードマーク としても、


周りに差を付ける事は、


確実な 太鼓判です。











防水も 抜群の、


【 かなり使えるバッグ 】 は、


あなたの力に成ります !!!




























読んで頂いて、


有難うございました。




また、


お時間ある時に、


お越し頂けると幸いです。


















「世界最高峰のBAGを作る工房」と、プロが言うブランドは、その最高の素材を、最初から最後まで、1人で完成させます!貴重なのが必然な当たり前とは!? [ブリーフケース]

彼が目指したのは、


「沢山のバッグを生産すること」ではなく、


「世界に誇れるような製品を作り上げる」


ということでした。






















一人の職人が、


作り始めから、


仕上げまでを、


一貫して手作業で行うという、


稀有で必然の限定性を持つ、


レザーブランド、


 「 Alfredo Beretta : アルフレッド ベレッタ 」










第二次世界大戦後の、


間もない、


1947年に、


イタリア ミラノ市内で、


クロコダイル、


エレファント、


オーストリッチ、


リザードなどという、


最高の素材を使って、


小さなバッグ工房を開きました。





















その技術の高さから、


いろいろな世界の有名ブランドが、


こぞって自社のレザーアイテム作りを、


依頼していて、


1991年には、


レザーアイテムの国際見本市である、


「MIPEL : ミペル 」

( 歴史ある世界最大規模のバッグショー)において、



最も優れたアイテムに送られる、


金メダルが授与されました。











クロコダイルを主というように、


異なる種類のレザーを、


組み合せて作られるコレクションアイテムは、


エレガントさの中に、


個性が感じられて、


金具もオリジナルで生産されています。






















いつしか、


「世界最高峰のBAGを作る工房」


と 称されるよーに成り、


それは、


プロが言う事だけに、


本物中の本物で、


さまざまなメーカーが、


「 Alfredo Beretta : アルフレッド ベレッタ 」に、


カバンを依頼しており、


さまざま職人が、


「 Alfredo Beretta : アルフレッド ベレッタ 」に、


「追いつこう!」と、


腕を磨いている事が、


「 最高峰だ ! 」と 言っている、


      あかし です !!!






















昔から伝わる伝統的な製法で、


少ない数ながらも、


一品一品 丁寧に、


実用性を極めると、


仕上げた見た目も必然的に、


美しくなります。























とは言え、


お高く冷たい態度など取りません。










名声や実績を積んできたのは事実ですが、


このクオリティーが、


当たり前なのです。









この、


おごらない姿勢も、


世界最高峰 なのです !!!





































読んで頂いて、


ありがとうございました。



また、


お時間ある時に、


お立ち寄り頂けると、


幸いです。
















前の3件 | -
スポンサードリンク



スポンサードリンク