So-net無料ブログ作成

前の3件 | -

諦めかけたけど、もう一度!そのコンセプトは「自由の肯定形。偽りのない表現に、かつてになく都会的な感性が加えられ、型にとらわれずそこから脱却した洗練のスタイル。」 [トートバッグ nylon]

「 最初のコレクション、


  お金が無いなりに発表したのですが、


  うまく行かず諦めかけました。





  




  2度目も、当たらずに、


  『 今後、どぉーする!? 』


  と言う、ブランドでした。 」























1982年、


彼らは共同で、


「 デザインコンサルタント事務所 」を、


開設します。











ですが !!!











彼らは、


共同経営であったにもかかわらず、


 別々に 請求書を発行しており、


経理担当者の提案で、


よーやく !


2人で 規格・作成・請求 するようになり、


結果として、


手続きが簡略化し、


「 コストを下げることができた 」


訳ですが。。。。。。。。






















彼らがしっかり手を組んで、


初めてのコレクションは、


1985年10月の、


イタリアで、 


他の5つの新ブランドと一緒に、


「 Milan Fashion Week : ミラノ・コレクション 」で、


発表した作品なのですが、


2人は そもそも 資金がなく、


モデルを起用するにも、


友人に協力を依頼して、


身に付けさせるアクセサリーを、


調達する資金もなかった為に、


友人モデルたちは、


自分のアクセサリーを着けて、


衣装を引き立たせた上に、


彼らは、


自宅からベッドシーツを持ち出し、


ステージの、


「カーテン代わりにしていた 」と 言います。











その、


初コレクションからの収入が、


あまりにも 期待外れ だったので、


セカンドコレクション用に、


オーダーしていた、


 生地 の キャンセル を 決断します。
























ところが、


2人に 家族が、


「 費用を負担する 」と 言い出し、


それを 受けて、


1986年に、


セカンドコレクションを手掛ける事が出来、


その年に、


彼らは初の お店を オープンしました。










ですが、


彼らの第3回コレクションにおいても、


まだ、


「 わずか一握りのファッション誌編集者にしか、


  知られていない存在 」



でした。






















イタリアファッション市場に、


初めて大きな衝撃を投げかけたのが、


彼らの第4回コレクションです。










このキャンペーン広告写真が、


1940年代の、


イタリア映画のような雰囲気を、


取り入れて モノクロ撮影された 事が、


有名で、


これまでは レディースコレクション のみ、


でしたが、


1990年に、


初のメンズコレクションを発表します。























日本で 人気 と なったのは、


やはり、


有名セレブや、


人気アーティストが、


愛用していたことが、


大きな要因です。











何と言っても、


代名詞的なのが、


1990年の、


カンヌ国際映画祭にて、


「 Truth or Dare : トゥルース オア デァ 」


別題 In Bed With Madonna : イン・ベッド・ウィズ・マドンナ の、


プレミア試写会 が あり、


「 Madonna : マドンナ 」が、


たくさん宝石をちりばめている、


コルセットとジャケットを、


着用した事 が きっかけ と なって、


国際的にも高い評価を得たのです。










そのブランドは、


「 ドルガバ 」こと、


「 DOLCE & GABBANA : ドルチェ アンド ガッバーナ 」


です。























1958年に、


シチリア州の、


ポリッツィ・ジェネローザ で、


生まれた、


「 ドメニコ・ドルチェ 」と、


1962年に、


ミラノ  で 生まれた、


「 ステファノ・ガッバーナ 」が、


共に成長してきたブランドです。










その後、


1993年に 2人は、


マドンナとパートナーを組み、


不動の世界ブランド と なる、


実力を発揮していきます。























更に、


「 Dolce&Gabbana : ドルチェ&ガッバーナ 」は、


イタリアのプロサッカーリーグの、


「 セリエA 」に 所属している、


クラブ 「 ACミラン 」と、


コラボレーションをしていて、


更に!さらに!


そのコラボレーション相手は、


地元イタリアにとどまらず、


イングランドのプレミアリーグである、


「 チェルシーFC 」とも、


パートナーを結んでいる という、


「 ドルガバ 」の 認識 が、


世界的なブランドであり、


そのアイテムこそが、


プレミア なのです !!!!!!!!





















1度、


諦めかけたのですが、


何とかやり続けた結果、


今では世界規模です。










情熱を買ってくれたのか?どうか?


それは、


家族でした。










「 もう一度! もう一度! 」


という、


行動を起こさせてくれる、


カバン です。






































読んで頂いて、


ありがとうございました。




また、


お時間ある時に、


お立ち寄り頂けると、


幸いです。














「マーケティング・ブランディング力に長けている」と、評される、140年と言う歴史を誇るブランド!実は全く「売り込み」は、行っていないヒストリーとは!? [ダレス バッグ]

やはり、


「明日を期待すると、今 を おろそかにします。」










たまたま、


高級百貨店である「 ハロッズ 」の、


ペット用品コーナーに、


ブライドルレザーでつくられた、


犬の首輪や、


丁寧に手で編まれた、


メッシュのリードを見たのが、


ニューヨークの有名デザイナーである、


「 ラルフ・ローレン 」だった。


























このブランドは、


140年を超える歴史の中で、


日々 目の前の事を、


「力の限り」おこなった事により、


「売り込んだ」のではなく、


「依頼されてきた」のです。









創業当時は、


乗馬用の「 鞍 : くら 」や、


手綱などの高品質な馬具を、


手掛けていました。








その後、


英国軍などからの依頼を受けて、


様々な、


軍需用のアイテムを、


製造してきたのが、


1920年代までです。





















その後、


1930年代に入り、


乗馬用具から ペット用の首輪を、


製造し始めます。











そーしているうちに、


当時の、


イングランド上流階級である人たちから、


依頼を受けて、


既存の製造アイテムの中に、


「 カフスボタン入れ 」や、


「 髭剃りセット入れ用 レザーボックス 」などの、


スモールレザーグッズと、


移動や持ち歩き用の、


「 バッグ 」や「 ラゲージ 」など、


ファッション性の強いアイテムの製造を、


受注しました。











仕上げられる製品は、


そもそも、


ブランドが得意とする、


乗馬用品に多く使用されている、


「 ブライドルレザー 」で ある為、


職人が、


気の とぉ――――――――くなるような、


技術を活用して、


出来上がった製品なだけに、


まさしく「 超高級品 」なのです。





















それまでは、


英国内での 百貨店や専門店が、


主なマーケットでしたが、


1970年代後半に、


記事 最初のエピソードで、


「 ラルフ・ローレン 」


と、


出合います。










彼から、




  「ペット用のベルトやリードを元に、


   成人用の ベルト に アレンジしたい」 と、




依頼を受けます。











それを「 ポロ・ブランド 」として商品化すると、


後に、


大ヒットになり、


その後、


この噂を聞きつけた、


世界中のバイヤーやデザイナーから、


数々のオーダーを受けるよーに成ります。
























そのブランドは、


「 Whitehouse Cox : ホワイトハウス・コックス 」です。








その後、


マーケットは、


英国内にとどまらず世界中に広がりました。











1875年に、


 ホワイトハウス氏 と サミュエル・コックス氏、


の 二人によって、


イギリスで創業されたブランドであり、


ダレスバッグは、


ブライドルレザーを贅沢に使用しています。





















強く耐久性のある、


「 イングリッシュブライドルレザー 」は、


およそ10週間もの間、


樹皮や種子など自然の草木を使って、


丁寧に「 タンニン鞣し 」を して、


さらに、


天然の染料を、


革の深い部分にまで染み込ませて、


じっくりと時間をかけた、


最高級品そのもの なのです。












こうしてできた、


最高の素材を、


経験豊かな職人が、


確かな伝統の技術で、


仕上げられたダレスバッグであり、


丈夫に作られたこのバッグにおける、


整理整頓に長けたクオリティーは、


内部が3室のパテーションで仕切られており、


とても整理し易く、


使い勝手を向上させたバッグであり、


「 トップフレームブリーフケース 」や、


「 ドクターバッグ 」など とも 呼ばれています。























「 Whitehouse Cox : ホワイトハウス・コックス 」は、


現在も、


時代にマッチした、


英国上流階級のライフスタイルという、


紳士的神髄を追求した、


様々なレザーアイテムの製造を続けており、


5代目となる 社長の「 スティーブン・コックス 」に、


伝統が受け継がれていて、


現在の、


ブライドルレザーアイテムも、


1930年代同様に、


伝統に裏打ちされた、


確かな熟練職人の力によって、


当時と同じ製法で、


高品質に作られています。







































読んで頂いて、


ありがとうございました。





また、


お時間ある時に、


お越し頂けると、


幸いです。
























地方で始まり、地域の力を結集し、地元主導による日本初のショッピングタウンを作ったカバン!!!「常識をくつがえす」という、その日本製のクオリティーは!? [ショルダーバッグ]


時代の流れと 地域改革の中で、


お客様に寄り添い、


そのカバンを持つ楽しさを、


提供します。






















その企業は、


かんんんーーーなり!!! 昔の、


「 NHKのど自慢 」の 第1回 が 始まった、


1948年に、


袋物・装飾小物の卸業をはじめます。










その後 15年間 に渡り、


事業を続け、


1963年に、


地元 専門店会に加入して、


バッグのお店 を 作ります。  























着々と、 


お客様に受け入れられ、


6年後の 1969年に、


法人化して 株式会社を設立します。











好景気も追い風になりますが、


1970年代に入り、


地方の改革と共に、


本拠点として 地元 福井県に、


ビルを建設したのが、


1974年の事です。






















当時 地方は、


ほゞほゞ 駅前が中心地 ではありましたが、


 車 が 中心 となる生活 に、


移り行くことを見越していました。










そして、


地元の専門店会であった、


異業種20社と共に、


組合を設立、


高度化資金を利用した、


 地元主導型ショッピングタウン を、


日本で初めて 建設します。










その企業とは、


バッグ の あぶらや という、


「 あぶらや株式会社 」です。























この「 油屋 」で 運営するブランド が、


「 SILVER LAKE CLUB : シルバーレイククラブ 」


であり、


日本の豊かな自然を背景に、


ブランドを通して、


世界に発信しています。










これが、



「 SILVER LAKE CLUB : シルバーレイククラブ 」が、


立ち上げ当初から、


思い描いてきたコンセプトであり、


時代の流れにより沿い、


1つ1つ 変化し続ける遊びの中で、


1つ1つ 培ってきた、


知識と情報を、


鞄というアイテムを通して、


1つ1つ 日本製 made in Japan の、


こだわりの鞄に仕上げています。






















そのクオリティーは、


アウトドアでの、


ハードな状況にも耐えられる、


マテリアルに、


北米原皮の ステアハイド を使い、


しっかりとオイルを染み込ませた、


レザーを使用することにより、


水を張っても染み込まず、


タフで、


使い込む程に 馴染み 柔らかくなる、


従来の 革 の常識をくつがえす、


こだわりの カバン なのです!!!






















「 9号帆布シリーズ 」は、


過酷な状況下で使われている、


トラックの幌などの帆布をベースに、


強力なパラフィン加工を ほどこして、


強力な撥水性を持ちながら、


通気性も確保しており、


アウトドアライフで、


雨や風にさらされるたびに、


糸目が詰って、


帆布が変化し、


洗うこともできますが、


使い込むことで、


この 帆布 が、


 より強靭になる要素を


持ち合わせたアイテムです。





















天然素材の風合いを楽しみつつも、


とことん使い込んでいる、


愛用者の多いカバンです。













かなり使える ショルダーバッグは、


メンズ・レディースを問わず、


プレゼントやギフトとしても、


多くの方が求められます。






















卒業・入学のお祝いや、


母の日 父の日 にも、


普段の気持ちを形にできるアイテムでもあり、


いつも持ち歩く事でも、


専門店のかばん であることが、


巷にあふれたものではない、


楽しみを与えてくれる、


たった一つの、


あなただけの日本製かばん なのです。























このバッグは、


その 功績から、


仲間と力を合わせて、


あなたに はじめての フィールドに導く、


力をあたえてくれます。



















読んで頂いて、


ありがとうございました。



また、


お時間ある時に、


お立ち寄り頂けると、


幸いです。


















前の3件 | -